アトピー性皮膚炎

私が漢方と出会ったきっかけです

20歳のわたし

アトピー性皮膚炎

他人の目が気になる

自分を鏡で見るのがイヤ

痒くて眠れない

半袖は着られない

とにかくただみんなと同じ生活がしたい 

 

私自身アトピー性皮膚炎を患い当時このように感じていました

そして同じように悩む方のお手伝いがしたいと思い薬局をはじめました 

そして乳幼児・小児から成人まで沢山の方々が卒業されていきました

 

脱ステロイドは「言うは易し行うは難し」無理をして写真のようにならないでください

私は標準治療(ステロイド外用薬)を絶対悪とは考えておりません

薬に支配されるのではなく場面場面で上手に使いこなすのです

 

日本皮膚科学会ガイドライン

アトピー性皮膚炎ガイドライン2018

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopic_GL2018.pdf

ダウンロード
アトピー性皮膚炎ガイドライン2018
atopic_GL2018.pdf
PDFファイル 6.0 MB

抜粋しました

あなたもしくは大切なご家族のカラダと向き合うため以下の部分は必ずお読みください

 

 

第Ⅰ章

2.1定義、疾患概念

2.2病態生理

2.4発症因子・悪化因子

2.5疫学

2.7皮疹の特徴

-

3.1治療の目標

3.2治療方法

3.3薬物療法

3.4スキンケア

3.5悪化因子の検索と対策

3.6心身医学的側面

3.11その他、プロバイオティクスなど

3.12アトピー性皮膚炎の民間療法について

-

第Ⅱ章

CQ1:アトピー性皮膚炎の治療にステロイド外用薬はすすめられるか

CQ2:皮疹が十分に軽快した後もステロイド外用薬を継続する場合、塗布頻度を減らす方法とランク(強さ)を下げて運用する方法のどちらがよいか

CQ9:アトピー性皮膚炎の治療に保湿剤外用はすすめられるか

CQ10:アトピー性皮膚炎にシャワー浴は有効か

CQ12:重症アトピー性皮膚炎の治療にシクロスポリン内服はすすめられるか

CQ13:アトピー性皮膚炎の治療に漢方療法は有用か

CQ17:乳児アトピー性皮膚炎の症状改善にプロバイオティクスを投与することはすすめられるか

CQ21:石鹸を含む洗浄剤の使用はアトピー性皮膚炎の管理に有用か


はじめに申し上げておきますがアトピー性皮膚炎は体質です

そのため緩解・治癒された方でも生活リズムが乱れると再発する可能性は十分あります

 

さて、アトピーの治癒を望むのであれば出来るかぎり若いうちにいらしてください

年齢を増すごとに治療が厄介になります

ガイドラインにある通りアトピーは心身医学的側面を有しています

「注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害の合併が高いことが知られている…」

発達障害を病気を捉えるかは別問題として、

多動がある子の落ち着きのなさがアトピーの掻痒と関連していることは治療上重要なポイントと考えます

 

実際治療をしていて、落ち着き・片付けができる・整理立てて物事を進める

これらをキチンと躾けてあげることは小児アトピー治療には有効です

アトピーには遺伝的素因があると言われていますが、これは親がアトピー罹患者であると子への躾けがルーズになるためと考えています(いわゆるあまやかしです)

かといって他人に育ててもらうわけにはいきません

 

そこで漢方を用いるのです

漢方には多動の子のメンタルを落ち着かせる働きがあります

アトピーでは「痒い」と感じたときの昂ぶりを落ち着かせます

そして成長を待つのではなく、胃腸を丈夫にし成長を促すことで痒みは感じにくくなり

結果としてアトピーがみるみるうちに改善していきます

西洋・漢方どちらにおいても掻かないことがアトピー治療において最も重要なポイントです

 

用いている漢方薬は煮出す必要もなくそのまま食べてもらっています

味やにおいは、わかりやすく言えば「お寺のような」感じ

龍脳(りゅうのう)・白蘞(びゃくれん)といった気持ちが落ち着く薬草が含まれているからです