ブログ

過去の記事を検索できます



天津感冒片? 牛蒡子(ごぼうの種)のチカラ

乾燥の時期になり咽が痛いとおっしゃる方が増えています。

漢方薬局に風邪の相談に行くと天津感冒片を勧められたことがあるかもしれません。

 

中国ではメジャーな風邪薬です。

銀翹散(ギンギョウサン)という処方をちょっといじった編成をしています。

銀翹散や天津感冒片は外感風熱(暖房に当たって・外気が暖かくて)の感冒に用いる方剤なのでそういった状況下ではないのに咽が痛くなった場合にはちょっと余計なものまで入ってしまっています。。

 

天津感冒片:金銀花・連翹・淡豆豉・淡竹葉・牛蒡子・薄荷・荊芥・桔梗・甘草・羚羊角

 

 

この処方には牛蒡子(ごぼうの種)が入っているのですが、コレが意外と咽の痛みに効くんですよ。

咽の痛みがあるときに別の処方に加えたり、咽だけなら牛蒡子だけ煮て飲んでも効きます。

*結構苦いです(;'∀')

甘草と一緒に煮たり、ハチミツを加えて飲むと飲みやすくなります。

 

咽頭痛・腫れ・声枯れなどにごぼうの種をお試しください。

薬局で小分けいたします。

茯苓杏仁甘草湯と橘枳姜湯/金匱・胸痺心痛短気病

胸痺心痛短気病編に出てくる方剤はどうも使う機会が多くありません。

枳実薤白桂枝湯や栝蔞薤白白酒湯・栝蔞薤白半夏湯はおそらく狭心症の痛み。桂枝生姜枳実湯も心臓が原因の痛みでしょうし。。

茯苓杏仁甘草湯も含めてこれらの処方は大した薬物を使っていないのに循環器・呼吸器系の発作・痛みに効くわけですから漢方薬とは不思議なものです。

今回は茯苓杏仁甘草湯と橘枳姜湯について考えてみました。

続きを読む

浅田流 柴胡桂枝乾姜湯

漢方には流派があり同名処方といえど捉え方が違うことがあります。そして流派によって加減方があり独自の構成をしているものがあります。

例えば抑肝散は大塚敬節先生は抑肝散・抑肝散加芍薬・抑肝散加芍薬厚朴・抑肝散加芍薬厚朴黄連といったようにたった1処方でも色々な構成があるようです。

今回は幕末~明治にかけて侍医を務めておられた浅田宗伯(1815-1894)先生の柴胡桂枝乾姜湯について考察してみたいとおもいます。

続きを読む

めまい 苓桂味甘湯が効いた事例

めまいにつかう処方を挙げてください

苓桂朮甘湯

半夏白朮天麻湯

五苓散

黄連解毒湯

 

上記4処方は医療用で保険適応が通っているものです

その他に

 

半夏厚朴湯

柴胡加竜骨牡蛎湯

当帰芍薬散

加味逍遙散

桂枝茯苓丸(加薏苡仁)

桂枝加竜骨牡蠣湯

真武湯

補中益気湯

七物降下湯

釣藤散

抑肝散(加陳皮半夏)

温清飲

桃核承気湯

女神散

通導散

三黄瀉心湯

大承気湯

などはめまいに使われる漢方薬です

結局はどれが合うかはその方と会ってみないとわからないです

さて、今回は苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)でめまいが改善した事例をご紹介します

続きを読む

漢方ダイエット・美容・美肌 ~腸内美人になる~

続きを読む

5歳 アトピー性皮膚炎

7月からいらしている子ですが今ではすっかり良くなっています。

 

 

生まれつきのアトピー体質。

乾燥がひどく、足が特に乾燥していてガサガサ。

赤ちゃんの頃はジュクジュク(浸出液)していたが今は乾燥が強い。

2歳の頃に一度改善していたが波がある。

海に入ると改善⇔プールは悪化する。

普段はサッカーやダンスを習っている。

食欲少 睡眠良好(掻いていることはあるが起きてはいない)

胸の辺りのざわつきと気持ちの悪さ

漢方は”不定愁訴”と呼ばれる「なんとなく体調が悪いけれど検査をしても原因がみつからない」といったものを得意としています。機械がない時代からの医術ですからね。

漢方は自覚的な所見を重要視し、悪化・緩解要因などからその原因を突き止めるため検査数値に出ようが出まいが関係ありません。*指標としては利用しますが判断の根拠とはなりません

今回はそんなご相談を紹介します…

続きを読む

睡眠でお悩みの方 まず3日間お試しください

50-60代で睡眠で悩まれている方からのご相談が増えています

・早朝に目が覚めてしまう

・眠りが浅い気がする

・睡眠時間が少なくなったせいか忘れ事が増えた

日本人の睡眠時間は先進国でダントツの最下位というデータがあります

また睡眠時間の減少はうつ病や認知症との関連が指摘されています

上記のようなお悩みを抱えている方はまず3日間お薬をお出ししますからお飲みになってみてください

久しぶりによく眠れたと大変喜ばれています

病院で漢方薬をもらっていました

いらっしゃる方々の中には病院や他の薬局で漢方薬をもらっていたことがある方もおります。

漢方は”感覚”を優先しますから効いているかどうかはご自身が一番わかっているはずです。

先生から「同じお薬を出しておくから飲んでおいて」と言われても効いてないものは飲みたくないものです。

さて今回は産婦人科でいろいろな漢方薬を処方されていた方の事例をご紹介いたします。

続きを読む

クレジットカード・電子マネーが使えるようになりました

たいへんたいへんお待たせいたしました・・

クレジットカード・iD・スイカ/パスモのご利用が可能となりました


(・∀・)イイネ!! お願いします☆