ブログ

過去の記事を検索できます



チョコレート嚢胞が消えました2

先月のブログでチョコレート嚢胞が消えたという方の例をご紹介しました。

それから同様のご相談が増えています。

それだけ病気を抱えたまま悩まれている方が多いのだと思います。

 

チョコレート嚢胞自体は悪性のものではなく子宮内膜のような組織が卵巣内部にできてしまったものです。

しかし「ひどい月経痛に悩まされる」「破裂の恐れ」「悪性化(癌化)」の不安が付きまとうため婦人科ではピルの内服を勧められます。

内服により月経痛からの解放、嚢胞の肥大化を抑えられるため”閉経までそっとしておく”というのが西洋の治療となります。

しかし出産を控えた方、ピルの副作用に悩まされる方、閉経までまだ10年以上ある方など服薬を続けて良いのか?悩んだ末に私のところに相談に来られます。

漢方薬で月経痛から解放されさらに嚢胞が消えるのであれば選択する価値はあると私は思います。

ただし以前にも書きましたが物質的変化を治すには時間がかかります。チョコレート嚢胞の場合1年くらいはかかると思って頂きたいです。

続きを読む

子宮腺筋症

腺筋症の解説は持田製薬のサイトをご覧ください

 

http://www.mochida.co.jp/woman/disease/adenomyosis/

続きを読む

癌でお悩みの方

2人に1人は罹患する癌。

早期発見で治ると言われていても親族や周囲の方々が亡くなられているのを見聞きすると不安になります。

近年は大腸癌の罹患率が急増しています。やはり和食文化の日本において欧米の肉食文化は負担が大きいようです。

また女性では乳癌で乳房切を余儀なくされた方もいらしています。

 

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)をうけるor受けない

どちらを選択したとしても今までのライフスタイルを変えなければ再発・悪化の可能性は高まります。

 

私はがんサバイバーの方々へあるご提案をしています。

ご自身の免疫力を高めるには腸が重要であることは様々な研究からわかっています。

日本人のカラダにとって最適な穀物由来の乳酸菌です。

*乳酸菌は様々ありますが乳由来のもの(ヨーグルトなど)は日本人の腸には合わないようです

1万種類以上の食品や薬剤の中で最も高い免疫活性率を示しました。

これは長野県の古民家にあった【ぬか床】から発見されました。

 

  • 若返り長寿遺伝子増加   130%↑
  • 腸内環境調整遺伝子増加  273%↑
  • 運動エネルギー効率    192%↑
  • 脂肪代謝促進       181%↑
  • 糖代謝、脂肪分解促進   168%↑
  • ターンオーバー正常化作用 435%↑
  • 角質バリア機能強化作用  237%↑
  • 細胞内浄化作用      173%↑
  • 筋肉、骨老化因子減少    84%↓

漢方では身土不二(しんどふじ)という言葉があります。

「カラダ(身)と土地(土)とは二つに分けられない」という意味です。

つまりその土地で育った食物や動物を食べることがカラダを壊さない秘訣だと伝えています。

がんサバイバーの方にはこの【ぬか床由来の乳酸菌】を推奨しています。

消化器系(食道、胃、大腸)、婦人科系(乳、子宮)、呼吸器系(肺)

循環器系(肝臓)、泌尿器系(腎臓、膀胱、前立腺)

と様々な癌を患っている方にお飲みいただいています。

皆さん体感として「カラダが軽く感じるようになった」と仰います。もちろん再発予防にお役立ていただいています。

*食欲は増え体重は維持しています

 

費用は初期は月27,000円です。

数値・体調の改善が見られたら量を減らし月10,000円程度に抑えておられる方もおられます。

大盛況で終えました

続きを読む

【本格派】サムゲタン風スープの作り方

薬膳スープの素を開発して5年になりました。

今までは手軽に作ることができるレシピをご紹介していましたが、せっかくだから本格派のスープも作ってみたいというご要望を多数いただきました。

そこで当店の謹製薬膳スープの素を使った

【本格派】サムゲタン風スープの作り方をご紹介いたします!

*レシピは2-3人分

続きを読む

アレルギー体質でお悩みの方へ

アレルギーでお悩みの方にお伝えしたいことがあります

続きを読む

アレルギー疾患の治療成績が上がっています

  • 小児ぜんそく、気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎(花粉症)

これらの治療成績が上がっています

2年ほど前より経験と考え方を整理していました

 

あることに気づきそれを実践したところ成績が数段上がりました。

アレルギー体質は遺伝すると言われますが私はそうではないと思っています。

お子さんのアレルギーの治療に臨まれる親御さんが良くなっているケースもあります。

要は考え方です。

扱う漢方薬はそれほど苦くありませんのでお子さんでも飲んでいただけています。

のどの痛みに桔梗石膏

桔梗石膏という医療用エキス製剤が某メーカーから販売されているけれど使われているのをほとんど見ません

 *小柴胡湯加桔梗石膏ではないです

 

 

耳鼻科:慢性副鼻腔炎や蓄膿症などの熱状(鼻水が黄色くネバネバ・臭いがある)のあるも、花粉症で顔が赤くなるもの

皮膚科:皮膚炎の赤み

呼吸器科:咽の赤みや腫れのある咳嗽

などに効くと思うけれど...

 

 熱状=発熱(体温)ではありません

 

効能効果に「咳嗽あるいは化膿するもの」としか書いていないから使えないのか?

保険適応の問題?メーカーさんの努力不足!?

それとも西洋医学には寒熱の概念がないから使いづらいのだろうか??

 

もったいない気がします

 

私は風邪のひきはじめで喉だけが痛むときまずは桔梗石膏を飲みます。

飲んですぐに喉の痛みは和らぎます。

これだけで治ってしまうことも良くあります。お試しください。

続きを読む

5/28イベント開催♪ 血(けつ)ってなんだ?

続きを読む

GWのお休み 4/28~5/6

GWは4/28(日)~5/6(月)までお休みをいただきます

 

メールや予約フォーム・LINE@は確認いたしますのでご利用ください

 

新元号に変わって5/7(火)より通常通りにご相談をお受けいたします


(・∀・)イイネ!! お願いします☆