ブログ

過去の記事を検索できます



中建中湯は便利 大建中湯合小建中湯?いや合桂枝加芍薬湯

開腹術後やイレウスに頻用される大建中湯ですがむやみやたらと連用されているように感じます。開腹時に外界に晒されることで腸が冷える→イレウス(腸蠕動停止)が起きる→痛みが生じる→大建中湯で温める腸蠕動が正常に働くということだと思います。データとして退院までの時間が短縮されるようなのでそういった使い方も有りだと思います。

 

さて漢方薬には建中湯類と呼ばれる仲間があり大建中湯もそこに含まれます。

  • 小建中湯・・・・陰陽両虚偏陰虚
  • 大建中湯・・・・腹腔寒邪侵襲による腹痛
  • 黄耆建中湯・・・黄汗の病
  • 当帰建中湯・・・産後腹痛
  • 帰耆建中湯・・・肉芽形成促進(華岡青洲)

帰耆建中湯は皮膚病の後期に皮膚の凹凸をキレイに再生てあげるために使われます。それ以外は傷寒金匱に収載されています。それぞれの一例を挙げると

  • 小建中湯は未発達な小児の成長を促す目的で小児の様々な症状に
  • 大建中湯は腸が冷えてムクムクと動き腹満感に悩まされ痛みを現すものに
  • 黄耆建中湯は皮膚が弱く汗孔の締まりが悪く汗を沢山かくアトピー性皮膚炎に
  • 当帰建中湯は婦人産後病に収載されていますが、妊娠前の女性でも素体虚弱な体質に加え冷えが強く下腹の刺痛・絞痛が辛い方に

このように使われます。

これら建中湯類に1つ加えて欲しい処方が中建中湯です

  • 中建中湯=大建中湯合桂枝加芍薬湯(小建中湯)

2剤の合わせ技なのですが目標は大建中湯寄りになります。

初めにも書いた通り大建中湯は一般的に腸閉塞やイレウスに用いられるのですが、むやみやたらと連用しているきらいがあります。医師・患者ともに服薬目的が曖昧で1回2包と量も多いため余らせている患者さんも少なくありません。腸閉塞やイレウスの発作期に大建中湯を服用するのはOKです効果があります。同様に回復術後に温めてイレウス(腸管麻痺)を予防することも有効です。しかし退院後にそのまま連用しているのが問題です。

 

以前のブログ

 腸閉塞再発予防に漫然と投与される大建中湯

 

そこで登場するのが中建中湯です。

桂枝加芍薬湯は内包する芍薬甘草湯の働きによって筋の過緊張を緩めます。筋がギューッと縮むと硬くなるのはわかると思いますがそれを緩めることよって腸閉塞・イレウスの発作を予防します。併行して大建中湯で腸管を温めることで発作を予防します。

万が一発作が起これば大建中湯のみもしくは大建中湯を増量すれば良いだけです。

 

このように考えていますから私は

  • 中建中湯=大建中湯合桂枝加芍薬湯

が正しいと思います。

ちなみに膠飴は一生懸命混ぜてもなかなか溶けません。熱々のうちにカップに落とししばらく放置した方が溶かしやすいです。

パニック障害と予期不安

先日のクローズアップ現代プラスでは「パニック障害」について取り上げていました。

10年間で9倍に患者数が増えている現代病。そして男≪女と優位な性差があります。

私のところにもパニック障害の相談が増えていますし、既往がある方は多いですからその数字も納得です。

続きを読む

糖尿病のご相談

漢方の考えでは”血液検査”から得られるデータを用いることはありません。

よって血糖値を下げたいというご相談は漢方とは別の考え方で行わなければなりません。。

 

*生薬の中に血糖を下げるというデータがあるものはあります

今回は医師もお手上げの糖尿病でお悩みの方の数値についてです

続きを読む

関節リウマチの相談は避けていました…

2003年に生物学的製剤の投与が開始されて15年。リウマチの治療は大きく様変わりしました。

重度でなくとも早期に罹患が判明した場合に生物学的製剤を用いることで関節の変形を防ぎ痛みのコントロールが良好であることがわかっています。それ以前の治療方法(リウマトレックスや抗リウマチ薬によるもの)では症状の改善が十分でなかったり副作用の面が指摘されることが多く漢方相談に訪れる方がありましたが近年はそれほど多くありません。

 

上記の理由から私は開業以来リウマチの相談をあまり積極的に受けてきませんでした。つまり生物学的製剤を用いている患者さんの状態に勝るほどの効果が漢方薬にはないと思っているからです。この点に関しては今も考えは変わりありません。ただし金銭面や抗体医薬を用いる不安・また自己注射の身体的負担から使用を避ける方もおられます。そのような方のセカンドオピニオンとして漢方が利用できる価値はあると思います。そこで今回はリウマチを診てきた私なりの考えを書こうと思います。

続きを読む

坐骨神経痛で外出が億劫・・・

寒くなってまいりました。もう間もなく冬至ですものね。。

 

冬はお身体の不調を訴える方が増える傾向にあります。

中庸でいることが穏やかに過ごすにはナニヨリですね。

さて今回は80代後半の女性で坐骨神経痛による臀部の痛みでのお悩みです。

続きを読む

天津感冒片? 牛蒡子(ごぼうの種)のチカラ

乾燥の時期になり咽が痛いとおっしゃる方が増えています。

漢方薬局に風邪の相談に行くと天津感冒片を勧められたことがあるかもしれません。

 

中国ではメジャーな風邪薬です。

銀翹散(ギンギョウサン)という処方をちょっといじった編成をしています。

銀翹散や天津感冒片は外感風熱(暖房に当たって・外気が暖かくて)の感冒に用いる方剤なのでそういった状況下ではないのに咽が痛くなった場合にはちょっと余計なものまで入ってしまっています。。

 

天津感冒片:金銀花・連翹・淡豆豉・淡竹葉・牛蒡子・薄荷・荊芥・桔梗・甘草・羚羊角

 

 

この処方には牛蒡子(ごぼうの種)が入っているのですが、コレが意外と咽の痛みに効くんですよ。

咽の痛みがあるときに別の処方に加えたり、咽だけなら牛蒡子だけ煮て飲んでも効きます。

*結構苦いです(;'∀')

甘草と一緒に煮たり、ハチミツを加えて飲むと飲みやすくなります。

 

咽頭痛・腫れ・声枯れなどにごぼうの種をお試しください。

薬局で小分けいたします。

茯苓杏仁甘草湯と橘枳姜湯/金匱・胸痺心痛短気病

胸痺心痛短気病編に出てくる方剤はどうも使う機会が多くありません。

枳実薤白桂枝湯や栝蔞薤白白酒湯・栝蔞薤白半夏湯はおそらく狭心症の痛み。桂枝生姜枳実湯も心臓が原因の痛みでしょうし。。

茯苓杏仁甘草湯も含めてこれらの処方は大した薬物を使っていないのに循環器・呼吸器系の発作・痛みに効くわけですから漢方薬とは不思議なものです。

今回は茯苓杏仁甘草湯と橘枳姜湯について考えてみました。

続きを読む

浅田流 柴胡桂枝乾姜湯

漢方には流派があり同名処方といえど捉え方が違うことがあります。そして流派によって加減方があり独自の構成をしているものがあります。

例えば抑肝散は大塚敬節先生は抑肝散・抑肝散加芍薬・抑肝散加芍薬厚朴・抑肝散加芍薬厚朴黄連といったようにたった1処方でも色々な構成があるようです。

今回は幕末~明治にかけて侍医を務めておられた浅田宗伯(1815-1894)先生の柴胡桂枝乾姜湯について考察してみたいとおもいます。

続きを読む

めまい 苓桂味甘湯が効いた事例

めまいにつかう処方を挙げてください

苓桂朮甘湯

半夏白朮天麻湯

五苓散

黄連解毒湯

 

上記4処方は医療用で保険適応が通っているものです

その他に

 

半夏厚朴湯

柴胡加竜骨牡蛎湯

当帰芍薬散

加味逍遙散

桂枝茯苓丸(加薏苡仁)

桂枝加竜骨牡蠣湯

真武湯

補中益気湯

七物降下湯

釣藤散

抑肝散(加陳皮半夏)

温清飲

桃核承気湯

女神散

通導散

三黄瀉心湯

大承気湯

などはめまいに使われる漢方薬です

結局はどれが合うかはその方と会ってみないとわからないです

さて、今回は苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)でめまいが改善した事例をご紹介します

続きを読む

漢方ダイエット・美容・美肌 ~腸内美人になる~

続きを読む

(・∀・)イイネ!! お願いします☆