アレルギー講演会② 食物アレルギー

食物アレルギー

 

基本方針

「正しい原因食物の診断に基づく可及的必要最小限の食品除去」

①各個人のアレルゲンを知ること

②食物は成長・健康に必要不可欠なため可能なものは摂取

③アレルゲン物質でもある一定量までは摂取可能な場合がある

 

小児の食物アレルギーでは成長によって耐性がつく場合多い

卵・乳・小麦など

0-1歳に多くその後自然に治っていく→余分な除去を避ける

 

ピーナッツ・ソバ・甲殻類・魚・ゴマなどは治りにくいアレルゲン

 →除去 or 経口免疫療法(下記)

 

≪桃アレルギーはないが桃缶でアレルギーが発症した事例≫

 桃缶に含まれるシロップに乳製品が含まれていた!!

 

桃のアレルゲンは加熱などの加工により減弱されないものが主

ソースなどにも注意が必要

 

近年では「食物アレルギー対応カフェ&レストラン」もある

食物アレルギー ひやりはっと事例集 (アレルギー支援ネットワーク)

 

大豆製品のアレルギーの順位

 大豆(煮豆) > 豆腐 ≫ 納豆 > 味噌・しょうゆ

 *大豆アレルギーの方でも納豆より下のものは摂取しても反応しない方もいる

 

魚アレルギー

 時間が経つとアレルギー物質ヒスタミンが増加

 同じ魚でも新鮮なものなら反応しないこともある

 魚は缶詰になると5割程度(全員ではない)でアレルギーの発症↓

 経口負荷試験が必要 *自身の判断で行わない

 

経口免疫療法

アレルゲンを最少量から摂取を開始しアレルギー反応が起きない量で徐々に増加していく

*摂取を毎日(定期的)続けることが必要

 食事ではなく薬だと思って継続する

 やめることで元に戻っていしまうため食べ続けなければならない

 喘息既往の方は重篤な副反応が起きやすい

現在はまだ専門医の研究段階である…

 

 

アナフィラキシーを起こしたことのある方

 エピペン β-刺激薬 経口ステロイド

などの緊急時の対処法を理解し携行している必要はある

必要に応じて近隣の緊急病院を把握しておくことも必要