ビタミンD欠乏とくる病

先日参加した薬剤師会勉強会のレポートです

 

 

順天堂練馬HP 整形外科(骨代謝性疾患・小児整形外科)

 坂本優子先生

 

 

近年増加している小児のビタミンD欠乏症&くる病のお話

 

強い骨づくりは子供の頃から始まっている

子供の骨折が増加中!!! (20年で2倍!)

 

では「強い骨」とは?

鉄筋コンクリートのようなもので

 骨密度+骨質=骨強度

で判定される

 

 骨質……コラーゲン繊維(きれいな鉄筋が理想)

 骨密度…Ca・P(しっかりしたコンクリートが理想)

  *くる病は骨密度の異常

 

今回のテーマではないが骨質は何が原因で低下するか?

 コラーゲン繊維は酸化する→喫煙・飲酒・VB欠乏・葉酸欠乏・糖尿病など

 

では「強い骨」には何が必要か??

 ①日光 ②運動 ③栄養

≪日光≫

 日光は皮膚でVDを産生(天然型) 25(OH)D

 腎臓でVD(活性型)に変換  1α(OH)2D

Q:1日どのくらいの日光浴をすればよいのか?

 顔と手の甲で夏10-20分 冬は12時台に20分

 顔がイヤなら腕で良いので出しておく

 幼児は頭髪が薄いので頭皮でもVDを産生できる

 黒色人種は日本の日光では紫外線が弱いためVD欠乏になりやすい

 *黄色人種・黒色人種の方は皮膚がんになるリスクがとても低いです!

≪運動≫

 子供の場合、ジャンプ運動(縄跳びなど)が最も効果的

 老人の場合、背筋力トレーニングが良い

≪栄養≫

 Ca…大豆・乳・チーズ・海藻 *小魚はミルで細かく砕くと良い

 VD…シイタケ(きのこ類)・魚の切り身・卵

 VK…納豆・青菜

 VB6・12・葉酸…レバー・鶏肉・魚

 *結局は日本食が良いよ!

 *Caは思春期に摂らなければならない

 *牛乳を飲まない親の家庭は子供も飲まない

ビタミンD欠乏&くる病

 

骨端線閉鎖前のVD欠乏

骨石灰化障害(くる病)

 

☆先生もググってみた☆

子育てサイト「赤ちゃん&子育てインフォ

 →完全母乳栄養の子供がくる病になる。回避する方法は?などの情報

 

Q:VD欠乏のリスクはどこにあるのか?

 ・完全母乳栄養

 ・母のVD欠乏

 ・食事制限(アレルギー、偏食)

 ・日光不足、紫外線カットクリーム

 ・慢性下痢

完全母乳栄養児の70%がVD不足

母の血中VDと母乳中VDとには差がある

*母乳栄養が悪いわけではない(ラクトフェリン・母子の精神安定)

またVDだけでなくCa・Pの不足も原因となる

 

Q:くる病の初期症状は?

 O脚(その後、跛行、関節腫脹など)

 

Q:治療は?

 高容量のVD製剤の内服

  0.3μg/kg/day

 *保険適応外のため坂本先生に相談しましょう

 

≪結論≫

・乳幼児にも1日20分の日光浴をさせる

 *外出制限は差が大きく出る

・O脚や変な歩き方の子がいたら要注意!

・必要量の乳製品を摂取する

 *牛乳は親も一緒に飲みましょう

・フォローアップミルクを使用する

 *卵アレルギーは意外と差が出ない

・肝油ドロップ(昔ながらの子供の顔のもの)が良い

 軽度のVD欠乏なら肝油ドロップで治療可能

 *VAが含まれているため食べ過ぎ注意です

  先にVAが上限値に達します

 

 

男女ともに15歳で最大骨量を迎える

 15歳でいかに高めておくかが大切最大骨量を10%UPさせておけば

  ・骨折リスク50%↓ 

  ・骨粗しょう症の発症を13年遅らせる