連理湯

半夏瀉心湯や黄連湯は

上熱下寒

と呼ばれる病態に使われる

*字面だけ見れば簡単なようだが臨床的にどうなのか?不思議な処方構成です


半夏瀉心湯と黄連湯の違いについては以前のブログ

 

半夏瀉心湯…半夏・黄連・黄芩・人参・大棗・乾姜・甘草

黄連湯………半夏瀉心湯-黄芩+桂枝

連理湯………人参湯+黄連・茯苓

 

連理湯が合うのは上2剤に比べて胃腸が弱く下痢しやすい方

 

最近男性(50-60代)のご相談が増えました

お仕事の付き合いや晩酌などアルコールを飲まれる機会が多かった方が

健康も考えるようになり減酒をする

すると今まで感じていなかった胃腸の弱りや下痢などが現われた

カラダは正直で冷えたビールを長年受け止めて疲れたのでしょう

 

胸焼けや吐き気(逆流性食道炎のような症状)が続くようなら

半夏瀉心湯・黄連湯のような方剤が適するけれど

胸焼け・吐き気(上のほうの症状)は少なく、胃腸の弱り(下痢・腹痛・食欲低下)が主になる方には連理湯をオススメします

この方に半夏瀉心湯の黄連・黄芩は強すぎます

 

連理湯 人参・甘草・白朮・乾姜・茯苓・黄連