合病 併病

漢方の勉強をしている人ならば知っているこの言葉

実際にはどのような患者さんのことをあらわしているのだろうか?

 

 

ということで

先生から頂いた宿題

 

問1:合病と併病について、臨床例をもって述べよ

 

問2:柴胡桂枝湯は合病か、併病かその他か?

   その他であるならば具体的に臨床例をもって述べよ

 

問3:傷寒論

   32条「太陽与陽明合病、必自下利、葛根湯主之」

   33条「太陽与陽明合病、不下利、但嘔者、葛根加半夏湯主之」

   なぜ32条は承気湯を必要としないのか?

   なぜ33条は半夏を加えるのか?

 

仲景はどのように考えこれらを傷寒論に記したのか・・・