標本づくり


「植物採集=乱獲」

 

ではいけない

限りある資源であり生命であることを認識したうえで採集する

 

採集した植物は上手に育てられれば次の年に株を増やすこともできる

しかしそうもいかないこともあるので

標本として残しておくこともひとつの手となる

 

そんなわけで先日採集したオケラ(左)とウスバサイシン(右)の標本づくりをしているところです

 ・根を良く洗い余分な水分をふき取る

 ・ピンセットで葉や花を一枚一枚丁寧に広げて新聞紙に挟み重しを載せておく

 ・毎日新聞紙を取り換えて葉の状態をみながら植物を乾燥させてゆく

 

とりあえず今はここまで

この先はまたブログでご報告します