厚朴・コウボク

厚朴

 

モクレン科カラホオ(中国産)やホオノキ(日本産)の樹皮

+Cでは中国産の唐厚朴を使っています *新古方薬囊の撰用より

主役(主薬)にはならない名脇役

配合薬によってその働きを様々に変化させることができる

腹満・便秘・喘・胸満・動悸など

ただし共通の特徴は『薬効のベクトルが下向き↓』であること

神農本草経の中品に収載され傷寒論・金匱要略にも多数登場する

 

処方例

 ・桂枝加厚朴杏子湯(傷寒論)

 ・厚朴生姜甘草半夏人参湯(傷寒論)

 ・承気湯類・厚朴三物湯(傷寒・金匱)

 ・半夏厚朴湯(金匱要略)

 ・平胃散(和剤局方)

 ・蘇子降気湯(和剤局方)

 ・通導散(万病回春)

薬対

 大黄…一攻一泄、一寒一温、共奏清泄裏実、行気寛中之功。

 枳実…一寒一熱、相得不偏、枳実消痞、厚朴除満、相得益彰。

 蒼朮…蒼朮燥湿為主、厚朴行気為輔、協同相助、化湿濁、健脾胃、功倍力加。升脾気、降胃気、相得益彰、合為化湿運脾、行気和胃之良剤。

 乾姜…温中化湿以袪中焦寒湿;行気消腫、以療腸胃気滞、具有相互協助作用。

 黄連…一以清熱燥湿、一以行気化湿、俾湿開火降、清気得升而濁気得降、中焦気機得以調暢、是臨床治療湿熱中阻的基礎薬対之一。


【神農本草経】

 厚樸味苦温主中風傷寒頭痛寒熱驚悸気血痺死肌去三蟲

 

【増補本草備要】汪訒庵

 苦降能瀉實満、辛温、能散湿満。入足太陰陽明。平胃調中、消瘀化食、厚腸胃。行結水、破宿血、殺蔵蟲。治反胃嘔逆、喘欬瀉痢、冷痛霍亂、誤服脱人元気、孕婦忌之。榛樹皮也、肉厚紫潤者良、去粗皮、姜汁炙、或醋炒、用乾姜為使、悪沢瀉硝石忌豆、犯之動気。花功用相同、而性稍和緩。


【中薬学】人民衛生出版社

 〔功効主治〕行気・消積 行気燥湿 下気・消痰平喘

 〔按語〕厚朴功能行気、温中、消積、燥湿、為消除脹満的要薬。


【薬徴】吉益東洞

 胸腹の脹満を主治するなり。旁ら腹痛を治す。

 *張元素曰く、厚朴は腹脹を除くと雖も、若し虚弱の人には、宜しく斟酌して之を用うべし、誤れば則ち人の元気を脱するなりと。

  是れ無稽の言なり。古語に曰く、病を攻むるに毒薬を以てすと。~毒尽きて而ち気旺んなり。何ぞ怖るること之れあらん。

 

【新古方薬囊】荒木性次

 〔撰用〕唐を上となす。紫油と云はるる品は尤も良とせらるるも入手の望みなし。

 〔効用〕腹を温め腹満を除く。又胸満、咳、喘、上気などを治し、或は咽喉の塞へを治す。併しその根元は腹満にあり。

 

【中医臨床のための中薬学】神戸中医研

 〔性味〕苦・辛・温

 〔帰経〕脾・胃・肺・大腸

 〔効能と応用〕行気化湿 下気除満 燥湿化痰

 

【実践漢薬学】三浦於菟

 〔別名〕烈朴 川朴

 〔性味〕苦・辛・温

 〔帰経〕脾・胃・肺・大腸

 〔効能〕行気燥湿・導滞 下気平喘