カゼ・・・

子どものいる家庭はみなそうなのでしょうが

子どもからうつるカゼというのは何故ヒドイのでしょうか??


漢方ではカゼの症状は邪正相争(じゃせいそうそう)の現われだとしています

 *邪正相争:外から受ける邪気とカラダがもっている正気の戦い


戦いの激しさはお互いのエネルギーの大きさに比例します

子どもは成人・老人に比べて陽気が充実しているため

邪との激しい戦いを繰り広げることができます

その結果、40℃近い高熱を出したり・寝苦しかったりします

そんな激烈な邪を大人にうつすもんだから症状が激しくなります(*_*)

今回は先日私がひいたカゼについて書いてみます


主訴:感冒

 男性34歳 164cm・52kg

 既往:気管支喘息・アトピー性皮膚炎

 服薬:特になし

 2015年10月20日


10か月の子供が鼻水をタラタラと垂らしていた

ミルクを飲むにも呼吸が出来ず苦しそう

ある夜、

抱っこして泣き止ませ布団に置くが1時間おきに泣き出す…

を繰り返した

カラダは熱い・体温37.5℃前後

食欲・二便正常

葛根湯エキスを溶いて離乳食と一緒に飲ませるも嘔吐(/_;)

西医にて抗生剤・鼻水止めの処方を受ける

3日程度で回復


そのときうつされたのだろう

透明な鼻水が大量に出る

ノドの痛みが激しい

頭痛(+) 頭面部の熱感あり

食欲・二便正常

口渇(―)

朝晩涼しくなってきたが日中は日が照って暖かい

悪寒(-)発汗(±)脉浮


小青竜湯加石膏

発汗が少しあった

鼻水は楽になるもその他の症状緩和せず


翌日

悪寒よりも熱感がある

銀翹散

症状全く変らず


その晩、発熱は強くなってきた

発汗(±)脉浮・咽痛・頭痛・熱感

食欲・二便正常

葛根湯

1時間後に多量の発汗

全ての症状がスッキリ解消

≪考察≫

 

傷寒論にはこんな条文がある

57条

「傷寒発汗解半日許、復煩、脉浮数者、更発汗、宜桂枝湯主之。」

傷寒にて汗を発して解し半日ばかり、また煩して脉浮数のもの、更に汗を発すべし、宜しく桂枝湯之を主る

 

今回は1発目の小青竜湯による発汗が足りなかったために

邪を十分に追い出すことが出来ずに遠回りをしてしまった

気温があまり低くなっていないことや悪寒・無汗が明確でなかったことで

さらに余計な銀翹散を使ってしまった…

 

その後、上記の条文を思い出し発汗が不十分だと考え

葛根湯を服して一気に邪を追い出すことができた

情けない症例、勉強になった(._.)