補腎・・・ 薬物ができること

補腎という概念は現在の私の中にはありません

 

薬物が腎の機能を回復するというならわかります

*ただし腎の生理についても疑問は多々あります

 

 

腎精=先天の精+後天の精

であり

先天は父母から受け継いだ絶対的なもの

後天は飲食物から得られる精であり先天を補う

と言っている

 

では補腎となんぞや??

 

私は以前は腎虚とは腎という器に穴が開いていて

その穴から腎精が漏れ出てしまうがためになる

補腎とはその穴を埋めることだと考えていました

地黄はその漏れ出ていくのを防いでいるのだと

しかし今はこの考えを捨てています

 

理論派が都合よく解釈しているように感じてなりません

本当に患者さんを診ていますか?

八味丸・右帰飲・左帰飲を使ってどれだけ良くなるのですか?

「理論が正しいからそれでよい」は目の前の患者さんには通じません。

 

小児期の発育障害は補腎をしたから良くなったのでしょうか?

補腎をしなくても成長したとは考えられませんか?

私は上の理論を見てもご飯が大切だと思います

 

薬物は人の臓器・器官がもつ機能を回復しているに他なりません

人参は胃の津液を増します

 →その結果として飲食物から得られる気・血・津液が増します

人参が気を増すのではありません

ヒトの機能を通さないとおかしなことになります

当帰→補血も同様です…

 

この理論が成立するなら変なものを食べるより

漢方薬だけで生きていったほうがはるかに成長するはずです

 

腎虚腰痛ですか?

八味丸ではないうちの処方で皆さんとても楽になっています(#^^#)