上咽頭炎の漢方治療

上咽頭炎と診断を受ける方が増加した

おそらく新型コロナウィルス感染症が流行したせいだろう

 

特にオミクロン株に変異してから「咽頭痛」の訴えが増え、

それとともに耳鼻科ではBスポット治療の頻度が急増している

 

私のところには受診したが治らない・いつまでも症状が続くと仰る方の相談が多い

上咽頭炎も例にもれずそのパターンだ

 

この上咽頭炎は私が考えるには「皮膚病」と一緒なのだが何故そう考えるのかを書こうと思う

上咽頭とは鼻腔の奥で咽の一番上部にあたる部位

 

新型コロナウィルスは呼吸器系と親和性が高く増殖部位が限定的ともいわれている

オミクロン株に変わってからは特に咽頭に症状を訴える方が多くなった

この夏に感染爆発した第7波もそうだった

 

耳鼻科で治療をするBスポット治療は綿棒の先に薬剤を付けそれを擦過(こすりつける)するものだ

つまり鼻の入り口から届く範囲に病巣が存在していることがわかる

 

炎症・腫脹・膿そして鼻汁の増加

 

 

鼻腔内なので発症部位は体内であるように思われるし粘膜層ではあるがここはまだ外界と変わりない

つまり「皮膚表面」に炎症・腫脹・膿そして浸出液が出ている皮膚疾患と捉えて治療を施してみる

 

すると早期に症状が緩解する

  • 鼻だから耳鼻科
  • 鼻だから肺の支配器官
  • 後鼻漏は痰飲

そうではないのだ

皮膚表面がただれていて浸出液が漏出していたとしたら

どう捉えてどんな治療をするのだろうか?

 

改善のみられない方は

後鼻漏の捉え方を今一度考えなおしてほしいと思う

発病後1年程度のものであればひと月もしないで緩解しています

Information

漢方薬局+C

〒176-0001

東京都練馬区練馬1-33-4

TEL:03-6915-8352

+C Kampo-school

薬剤師のための漢方講座

ミニ薬草園

貸し農園で薬用植物を育てています